デジカメ写真をパソコンに取り込んでLINEで送信する

デジカメ写真をパソコンに取り込んでLINEで送信する、というシチュエーションは個人的にはあまり多くないのですが、野球の試合を一眼レフのデジタルカメラで撮影して、ファイルをチームのグループLINEにアルバムを作って公開してくれる父兄の方は結構います。

その方々がどのような方法でLINEにアップしているかは確認していないのですが、たまたま同様のケースがあって作業しましたので、その内容をまとめてみました。

「LINEのアルバムで写真を共有するのがすごく便利です」の記事でも説明している項目と重複する部分もありますが、今回はデジカメで撮影した写真をパソコンに取り込み、パソコン版LINEを使ってアルバムを作成して公開する手順のフローをまとめました。

スポンサーリンク

デジカメ写真をパソコンに取り込んでLINEで送信

写真ファイルをパソコンに取り込む

写真ファイルをパソコンに取り込む方法は、カードリーダーを使ってファイルを移動、あるいはコピーする方法が一般的だと思います。

最近のデジカメはWifiでファイルを転送する機能もついていますが、Wifiの場合は環境によって通信速度が不安定になったりということも考えられます。

ファイルの枚数にもよりますが、画質の良いファイルはサイズも大きく、転送時間も作業性に大きく関係してきますから、USBを使っての転送がおすすめです。

恥ずかしながら未だにメインシステムがUSB3.0に対応していません。

今どきのパソコンならほとんど対応していますので、カードリーダー等の周辺機器も対応のものを使うことをおすすめします。

SDカード内の画像ファイルをパソコンに移動しました。

コピーでも構わないんですが、SDカードの容量が気になったので今回は移動しています。

取り込んだ写真ファイルのチェック

取り込んだ写真ファイルのチェックですが、枚数が多いと非常に大変な作業になります。

ピントが合っていなかったり、類似画像など必要のないものはできるだけ削除しておきたいですが、手間がかかるのでスルーしてしまいがちです。

私の場合はフォルダのウインドウを最大化して、表示を「特大アイコン」に変更してチェックします。

あまり時間を掛けることは無いですが、この時点で明らかに撮影に失敗している画像は削除していきます。

その後に類似画像の対応をするときもありますが、今回はできるだけ画像を残しておきたかったのでそのままにしています。

類似画像を検索して整理する場合は「SimiPix」というソフトが便利ですので、以下の記事も参考にしてみて下さい。

LINEのアルバムにファイルをアップロードする

パソコンに取り込んだファイルをLINEアルバムにアップロードしますが、パソコン版のLINEがインストールされていることが必須です。

画像ファイルを何らかの方法でスマートフォンに取り込んでから、LINEアルバムを作る方法もありますが、手間を考えたらパソコン版のLINEを使うのが圧倒的に効率的です。

パソコン版LINEについては、以下の記事も参考にして下さい。

パソコン版LINEでアルバムを作成する手順は以下、の記事を参考にして下さい。

↑LINEのアルバムにアップロードしました。

※一度にアップロードできる枚数が100枚だったのですが、一括でアップロードできるようになったようです。(691枚問題なく1回で送れました)

以上でデジカメで撮影した写真をパソコンに取り込んで、LINEを使って送信する作業は完了になります。

まとめ

デジカメ写真をパソコンに取り込んでLINEで送信するまでのフローを、実際に作業しながらまとめてみました。

目的は次男のフェイスに写真を送ることでしたが、珍しく撮影した写真を全部欲しいと言うのでLINEのアルバムを使うことにしました。

デジカメからパソコンへの画像取り込み、パソコンからの写真共有はいろいろな方法があるので、自分なりにストレスの少ない方法で行えばいいと思うんですが、私の場合は大量の写真を送る場合には上記の方法を取る場合が多いです。

LINEアルバムは100枚ずつしかアップロードできないのが手間でしたが、今回久しぶりに使ってみたら一括で送信できました。

詳細は確認できませんでしたが、確認取れ次第この記事にも追記したいと思います。

もう一つLINEアルバムの弱点である画像サイズが小さくなる問題ですが、私の場合は高画質の写真を共有する場合は容量の大きいクラウドストレージを利用し、そうでない場合はLINEアルバムを使うという対応をしています。

少ない枚数ならトーク画面に画質を落とさずに送ることができますが、その方法についてはまた別記事でまとめたいと思います。

 

というわけで今回はフェイスの要望に答えるための作業でしたが、あいつが私の撮った写真を欲しいというのは珍しいことなんですよね。

なんとなく嬉しく感じましたし、写真を撮影してよかったと思える瞬間でもありました。

 

スポンサーリンク