子供の野球を撮影したビデオや写真を使って動画編集やスライドショーを作って遊んでいます。

menu

特球野郎K-チーム|野球を素材に動画編集やスライドショーで遊んでみる

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

フリーの画像編集ソフト「JTrim」は使い方が簡単で便利です

スポンサーリンク

デジカメ写真のトリミングができるフリーソフトについては、「デジカメの写真(JPEGファイル)を無劣化でトリミングできるフリーソフト『buff』」の記事で「buff」というソフトを紹介しました。

buffは使い方も簡単で非常に便利なんですが、扱えるファイルがJPEGだけですし、トリミング以外の画像編集機能もありませんから、画像の編集をしてみたい人には別の画像編集ソフトが必要になります。

画像編集ソフトで有名なのはAdobeのPhotoshopですが、これは有料ソフトです。昔は貧乏人は相手にしていないのかというほど高価なソフトでしたが、現在は月額980円で利用できます。機能は文句なしですが、高機能すぎて使い方も難しいですし、とても初心者向きのソフトとは言えませんね。

前置きが長くなりましたが初心者におすすめの画像編集ソフトといえば「JTrim」というフリーソフトです。無料で取り扱えるファイルの種類も多いですし、何より使い方が簡単なのでおすすめです。

動画編集やスライドショー作成にも結構使い道があるので、ぜひパソコンにいれておきたいソフトの一つですね。

JTrimの使い方

JTrimのダウンロードとインストール

JTrimのダウンロードはコチラから→http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se108932.html

ダウンロードボタンをクリックします。

「OK」をクリックしてファイルを保存します。

保存した「jt153c.lzh」というファイルを解凍すると、フォルダ内は以下のようになっています。

JTrimはインストールは不要で、「JTrim.exe」をダブルクリックすればソフトが起動します。

JTrimを立ち上げると画面はこんな感じ↓

画面が小さいと使いづらいので最大化します。

少しみにくいですけど最大化するとこんな画面になります。

ファイルを開く

まずは編集したい画像ファイルを読み込みます。

  • 「ファイル」から「開く」
  • ツールバーのフォルダアイコンをクリック
  • 直接ドラッグ&ドロップ

上記のどれでもファイルが読み込めますので、使いやすい方法でファイルを読み込みます。

作業がしやすいようにズーム調整

デジカメの画像を読み込んだ状態です。画像が大きくてなんだかわかりません。

この写真は「30枚連写ができるCASIO  EXILIM EX-FC100&パワーポイントで動画作成」の記事で紹介しているCASIO  EXILIM EX-FC100で撮影したんですが、サイズが3456×2592ピクセルあります。

パソコンのディスプレイには収まりきらないので、作業しやすいようにズーム調整します。

ツーバーの「表示」から「ズーム」をクリックします。

表示する大きさが選択できますが、今回は25%にしました。

こんな感じです。

トリミングしてみる

写真や画像がそのまま使える状態なら無理にトリミングする必要はありませんが、今回使った写真は後ろにサッカーボールが写って違和感たっぷりなので、これを切り取ってみたいと思います。

ツールバーの「イメージ」から切抜きを選択しますが、今回は「座標指定切り抜き」を選択しました。

座標を指定するBOXが出ますが、縦軸横軸ともに画像の外の当たる部分をクリックすれば、画像の大きさ全体を指定できます。

なぜか始点が-1になりますが特に問題ないでしょう。縦横比を維持するはチェックしましたが、動画やスライドショーに使う場合は比率は同じほうがいいと思います。必要に応じてお好みで変更するのがいいですね。

座標指定の枠線をマウスで拡大・縮小・移動しながらトリミングする位置を決定し、「OK」をクリックします。

以上でトリミングは完了です。

JTrimでできるいろいろな編集

トリミング以外にもJTrimでできる編集をいくつかまとめてみました。

文字入れ

 

文字入れは動画編集ソフトでも入れられるので需要は少ないかな?

合成

写真を重ねて合成できます。透明度の指定などもできるのですが、これもあまり使わないかな。

グレースケール

白黒ですね。

セピア

これは定番ですね。いろいろなソフトでできるからここでやる必要はないかな。

エンボス

レリーフみたいですね。

少年A…

鉛筆画

誰だかわかんないな。

スポットライト

これはいろいろ使えそうです。

新聞写真風

いつの時代の新聞ですかね…雰囲気はいいですけど。

超新星

かっこいいっスね。ドン詰まりだけど。

以上JTrimでできる画像編集や加工をいくつか紹介しました。明るさやコントラストなど他にも細かい編集がいろいろできるのですが、そこまで詳しくないのでこのへんでやめておきます。

まとめ

冒頭で書いたように、デジカメ写真のトリミングをするならbuffで十分ですし、画像編集に関しても本来はPhotoshopをしっかり勉強して使うべきだと思っています。

そういう意味でJTrimはいずれあまり使う必用のないソフトになるかもしれませんが、とにかく使い方が簡単でいろんなことができるので、動画編集やスライドショー作成以外でも役に立つことが多いです。

このブログの画像編集にもけっこう使っていますしね。

残念なことにバージョンアップが止まってしまっているので今後の改善は期待できないのですが、私のWindows7環境では問題なく使えているので、しばらくはこのソフトにお世話になる場面が多いと思います、

有名なソフトなんで普通に使えている人には見る価値の無い記事になりましたが、初心者におすすめということで使っていない人はぜひ試してみてくださいね。

ちなみにWindows8ではJTrim使えるのかな?

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク