子供の野球を撮影したビデオや写真を使って動画編集やスライドショーを作って遊んでいます。

menu

特球野郎K-チーム|野球を素材に動画編集やスライドショーで遊んでみる

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

PhotoStageを使ってみた

スポンサーリンク

前回の記事では、フリーのトリミングソフトの『buff』を紹介しました。

今回はそのbuffを使って何枚かの写真をトリミングして、PhotoStageという無料のソフトを使ってスライドショーを作ってみました。

PhotoStageというソフトは、「スライドショー フリーソフト」などのワードで検索して何度か目にしていて、非営利目的での使用では無料版には使用期限が無く、通常版の機能とほぼ同じ機能が使えるということで、一度は使ってみたいと興味を持っていたソフトでした。

そんなわけで使ってみることにしたPhotoStageですが、最近野球の写真を入手できていないので、以前の動画で使用した写真を無理矢理トリミングして使っています。

トリミングした写真の雰囲気と、PhotoStageの使用感が伝わればいいかなと思っていたんですが、写真の選択もトリミングもけっこう適当にやってしまったので、仕上がりもテキトーな感じになっています。


PhotoStageを使ってスライドショーを作ってみました 投稿者 hamanasu51


PhotoStageの使い方

ダウンロードはコチラ→PhotoStage

インターフェイスは↓こんな感じで、クイック作成という簡単なモードがあったので、今回はそれを使用しました。

設定画面が出てきます。

まず画像フォルダを指定しますが、あらかじめ使用する写真をひとつのフォルダにまとめておく必要がありますね。

画像再生時間はデフォルトで3秒に設定されていますので、使用するBGMに合わせて調整すればいいと思います。

あとから変更することも出来るので私はそのままにしておきました。

「画面切替をランダムに行う」のチェックボックスにチェックを入れて設定はOK、作成をクリックします。

はい、切替効果も入ったスライドショーが簡単に出来ました。

写真の並びはランダムでも手動でも変更できますが、その場合は切替効果がリセットされるようなので気をつけてください。

もう1回設定しなおせば問題ないですが、それをするならクイック作成ではなく普通に作ったほうが良いかと思います。

この段階でプレビューしてみたらあまりにも素気なかったので、自動ズームというのを入れてみました。

全クリップを選択して右クリックからエフェクトの挿入→自動ズームを選択しました。

あとは最初と最後に黒の空スライド、そしてBGMを挿入して完了です。


今回のスライドショーのBGMには、スチャダラパー+木村カエラの「Hey! Hey! Alright」のインストを使いました。

テキトーに作った短いスライドショーでなので、これ用に曲を買うのもどうかと思いパソコンの中をいろいろ探しているうちに発見しました。

ご存知「メジャー5th season」の主題歌ですが、なんでインストのバージョンを持っているのかは忘れてしまいました。

当時は野球ソングのイメージではないので違和感があったのは記憶にありますけどね。

そんなわけでPhotoStageを使った、よく言えば肩の力が抜けた、悪く言うとやっつけ仕事のスライドショーを作ってみたんですが、無料のソフトとしては及第点ではないかと思います。

派手な効果はないですけど、過度な演出はかえって見づらかったりすることもあるので、写真のクオリティが高いときなんかはこういうスライドショーのほうがいい雰囲気出るかも知れませんね。

私にはクオリティの高い写真なんて撮影できないですけどね…

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク