子供の野球を撮影したビデオや写真を使って動画編集やスライドショーを作って遊んでいます。

menu

特球野郎K-チーム|野球を素材に動画編集やスライドショーで遊んでみる

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

Sound Engine Free(サウンドエンジンフリー)を音声や音源の編集に使っています

スポンサーリンク

前記事の「Wondershare PhotoMovie Studio 6 Proを使ってみた」で、

今回のサンプルムービーのBGMで使った馬場俊英さんの「ボーイズ・オン・ザ・ラン」。曲の長さを変えるためにちょっとした編集をしていますので音源の編集ソフトについても次回に紹介したいと思っています。

と書きましたので、そのときに使った音楽編集ソフトを紹介したいと思います。

音声や音源のフェードインやフェードアウトなら、ビデを編集ソフトでもできるものが多いですが、もう少しいろんな編集をしたいと思うときがありますので、私は主にSoundEngine Free(サウンドエンジンフリー)というソフトを使用しています。

無料の音楽編集ソフトの定番ですので知ってる方も多いと思います。

画面はこんな感じのソフトで、対応しているファイル形式が基本WAVEなので、そのままではMP3が読み込めないというのはつらいんですが、MP3をWAVEに変換するソフトもいろいろありますし、あまり音質劣化が気にならないなら普通に使えます。

動画のBGMということならそんなに音質に敏感になることも無いと思いますしね。

SoundEngine Freeの機能なんですが、音量や音質の調整はもちろん、エフェクトをかけたり、切り張り編集で音源を結合したりということもできるので、いろんな使い道があると思います。

動画のBGMなら複数の曲を自然な感じで結合するというのもいいですね。


今回使用した馬場俊英さんのボーイズ・オン・ザ・ランの編集は、スライドショーの長さにあわせるために中間をトリミングしただけの単純なものですが、けっこう自然に違和感無くできてると思います。

馬場俊英さんの「ボーイズ・オン・ザ・ラン」、ご存知の方も多いと思いますが、この曲は最初と最後の歌詞が野球に関係しているんですが、そのほかの部分は野球にはまったく関係ない歌詞ですので、野球の動画に使うのはどうかな?と思っていたんですが、こういう使い方もありかなと思いました。

うちの子供はこの曲知らないので、音楽がイマイチなんて言っていましたが、この曲の良さがわからないとは…

YOU TUBEで馬場俊英さんとコブクロがライブでボーイズ・オン・ザ・ランを歌っているカッコいい動画が見れますので、興味のある方はチェックしてみてください。

ちなみにNO PLANの「君の中の少年」という曲があるんですが、作詞作曲が馬場俊英さんで、あの曲は歌詞がそのまま野球ソングでいい曲なんですが、歌っているのがお笑い芸人ですからどうも雰囲気出ないんですよね。

いつかどこかで使いたいと思ってるんですけど…

ちょっと話が脱線してしまいましたが、音声の編集は動画編集にも必須だと思いますので、こういうソフトをある程度使いこなせるようになれれば便利ですね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク